HOME > 庭づくりで知っておきたいこと > ランドスケープとつくる庭ってどんな庭?

デザイナーズガーデンの魅力

なぜ、庭づくりにデザイナーが必要なのか?

イメージ01エクステリア・外構工事を行う業者はたくさんありますが、それぞれで得意分野が異なり、既製品を使った提案が殆どと言えます。
エクステリア全体の「コンセプトづくり」からお手伝いできるのは、やはり庭づくりを専門としたガーデンデザイナーだけ!
ぶ厚いメーカーのカタログを持ってきてもらって、
「さぁ、どうぞ。」と言われても自分の意図したもので無かったら困ってしまいませんか?
そういう方は沢山いらっしゃるのが現状です。

それは、プロの仕事で無くカタログ製品の組み合わせ作業にすぎません。
エクステリア屋さんも外構屋さんも、建物の雰囲気や近隣の景観との調和を考えた外回りの提案は得意とは言えないでしょう。

そのあたりのバランスを考慮したうえで、外回り全体の「コンセプトづくり」からお手伝いできるのは、やはり庭づくりを専門としたガーデンデザイナーなのです。実績豊富なガーデンデザイナーなら、建物や周囲の景観とのバランスをとりつつも、お客様のこだわりを随所に盛り込んだオリジナリティー溢れる素敵な庭を提案してくれるでしょう。

ランドスケープのデザイナーズガーデン

せっかくならおしゃれな庭にしたい! でも、デザイナーに頼むと高そうだし……

このようにお考えのみなさん、ご安心ください。ランドスケープでは、おしゃれなデザイナーズガーデンを納得の価格でご提案しています。

ガーデンデザイナーにお任せください!

イメージ02 提案は既製品に頼らず手づくりの部材・設備を効果的に取り入れ独自の創意工夫でデザイン性を高め、豊富なノウハウを活かしコストダウンに努めています。 その提案により実現する「個性的でお手頃な庭」は、幅広い世代のお客様に高い評価をいただいています。

クオリティーを支える図面&施工

イメージ03 エクステリア部分だけを図面に起こす業者が多いなか、西村がつくる図面は建物まで含めた全体像。これは、お客様のイメージを忠実に反映するための工夫のひとつです。また、一般的にはデザイナーが施工まで手がけることはほとんどありませんが、西村は自ら現場に立って職人に指示出しを行います。植栽の微妙な角度ひとつにまでこだわり、自ら施工することも少なくありません。お客様へのヒアリングからデザイン・施工まで一貫して対応することで、最大限のクオリティーを発揮しているのです。

  • デザイナーとつくる庭はどんな庭?
  • 庭づくりの上手なお金のかけ方とは
  • 今ある庭をリフォームするには
  • 新築の庭をつくるには
お問い合わせ

ページトップ