HOME > 庭づくりで知っておきたいこと > 賢い庭づくりってどうすればいい?

エクステリアは工夫次第で安くなる

デザイナーとつくる庭ってどんな庭?」では、主にデザイナーズガーデンの魅力についてご説明していますが、こちらでは「お金の話」にフォーカスして賢い庭づくりの方法についてお伝えしようと思います。

手づくりでリーズナブルに

イメージ01エクステリア・外構業界では、数多くのメーカーが競って新製品を生み出しています。エクステリアづくりと言うと、カタログのなかから気に入った製品を選んでいくといったイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、既製品を用いることが必ずしも成功とは限りません。既製品には機能的にもデザイン的にも優れたものがたくさんありますが、やはりその分価格も高くなります。そこで、ランドスケープでは、既製品に頼らない「手づくりのエクステリア」に力を入れています。手づくりのものを効果的に取り入れることでコストダウンにつながるのはもちろん、何よりオリジナリティーの高いエクステリアができあがるのです。

メンテナンスコストを抑えるために

イメージ02庭いじりが好きな方にとって、色とりどりの草花が生い茂る庭は理想的。四季折々の楽しみが詰まった憩いの場所になってくれることでしょう。その一方で、「植栽を取り入れた華やかな庭にしたいけど、お手入れが面倒なのはちょっと……」という方もいらっしゃいます。

こういったご要望にお応えするため、ランドスケープではできるだけお手入れの手間がかからない庭をご提案しています。水撒きや草むしり、剪定や肥料やりなどの手間を少なくすることで、煩わしさだけでなくメンテナンスコストも抑えられます。「手間暇かからないおしゃれな庭」は決して夢ではありません。植栽に関する豊富な知識を持つガーデンデザイナーが、最適なご提案を差し上げます。

今あるお金でつくる満足の庭

イメージ03例えば、新築住宅のエクステリアを考える場合、建物に予算を持っていかれるため、どうしてもエクステリアに使えるお金は少なくなります。このようなケースでは、将来の完成像を描いたうえで、今ある予算でベストな庭をつくるというのもひとつの考え方。お金に余裕ができたら、最初の段階でこだわることができなかった部分に手を加え、徐々に庭を完成させていくのです。

このように、ランドスケープではお客様のご予算に合わせて柔軟な対応をしています。実績豊富な当社なら、「最初にやっておかなくてはならないこと」「後からでも間に合うこと」を適切に判断できるので、中・長期的なプランニングも可能です。

  • デザイナーとつくる庭はどんな庭?
  • 庭づくりの上手なお金のかけ方とは
  • 今ある庭をリフォームするには
  • 新築の庭をつくるには
お問い合わせ

ページトップ